ベストオンラインカジノ「ベラジョン」でプレイ!

日本といえば、日本酒、寿司、色鮮やかな桜並木に囲まれた伝統的な神社・仏閣などで知られている。しかし、起業家の間では、日本は世界で最も先進的でビジネスフレンドリーな国の一つとして見られている。人口約1億2600万人の「日出ずる国」には多くの国際企業が進出しており、その影響力は年々高くなっている。

日本人の能力、忍耐力、そして尊敬に値する規律に支えられた日本の有名企業は、多くの場合、画期的なイノベーションを実現し、世界市場のトレンドに影響を与え、さらには全く新しい産業を確立している。新しいキャリアの機会を探している、投資先として最適な場所を求めている、あるいは極東発のテック・ジャイアントについてただ理解を深めたいと考えているなら、ぜひこの記事を読み進めてもらいたい。フォーブス誌は、以下の企業を、規模と繁栄における日本の大企業トップ5として選んでいる。

5. 本田技研工業株式会社

1980年代初頭、日本は自動車産業における空前の成長を目の当たりにした。当初、日本車は高価で信頼性が低く、欧米の一般的なドライバーには小さすぎると思われていたが、日本車はすぐに市場シェアを獲得し、それ以来、その地位を確固たるものとした。本田技研工業は約1,766億ドルの市場価値を誇る、21世紀で最も成功した自動車メーカーの一つである。

4. ソニー株式会社

プレイステーション、ソニー・ピクチャーズ、そして様々な家電製品やガジェットで有名なソニーは、エレクトロニクス、音楽、ゲーム、エンターテイメント業界で成功を収めている。最近のいくつかの推計によると、同社の資産価値は601億ドル、2019年の年間利益は70億ドル近くを達成した。ソニーは史上最も有名な日本のブランドの一つであることは間違いない。

ソニー株式会社

3. 日本電信電話株式会社

耳にしたことがないかもしれないが、NTTは世界でも有数の通信会社である。約33%が国有で、昨年の総資産は802億ドルに達している。この日本の巨大企業の株は、あらゆる主要な証券取引所市場で注目されており、5G技術の導入により、今後ますますその影響力を強めていくことだろう。

2. ソフトバンクグループ

メディア、金融、通信など様々な事業に出資しているソフトバンクグループは、着実に成長を続けており、その影響力は創業者である孫正義の当初の期待をはるかに超えている。1120億ドルの規模を誇る同社は、革新的なマーケティング手法、野心的なプロジェクト、手厚い福利厚生で知られている。

1. トヨタ自動車株式会社

頂点に立ったのは、言わずと知れた自動車生産の国際的な王者であり、その車はほとんどすべての近代国家の道路で走っている。トヨタ自動車は1766億ドルの規模で、昨年の年間利益は170億ドルを超えた。その適応力、革新力、そして最も要求の厳しい顧客をも満足させる能力により、世界市場で最も影響力のあるプレーヤーの一つとしての地位を確立している。