競争の激しさと絶え間ない革新が特徴の携帯電話業界は、それほど多くの企業が参入できないほど厳しい環境だ。10年前に大人気となった電話を開発し大成功を収めた北欧のメーカーのことや彼らがその後市場を支配したアジアの大手企業数社に敗北した経緯は有名な話だ。そして時が流れても、それらアジア勢の影響は拡大し続けている。

 

中国と韓国のいくつかのブランドとともに日本の企業もこの分野を大きく支配している。製品の品質は実現可能な最高レベルにもかかわらず、価格は米国の競合他社よりもはるかに手頃だ。その結果、人々は最新の流行を探す時、日本の携帯電話業界に目を向けるのだ。この記事では、近々日本での発売が予想されている極めて有望なトップ5のデバイスを紹介しよう。

 

  1. ソニー Experia Z3 Compact

時代を問わず成功し続けている携帯電話メーカーが製造したExperia Z3 Compactは、これまでにないほど市場を席巻しようとしている。電話のデザインはどちらかと言えばシンプルで、操作は非常に簡単だ。5.2インチの画面は業界の平均的なサイズを若干下回るが、要求の高いユーザーをも満足させるだろう。Experia Z3 Compactは、厚みがわずか8.6mmで防水性があり、アクティブな生活を送る人々にはぴったりな選択肢となっている。

 

  1. 富士通 Arrows NX F-02G

富士通のArrows NX F-02Gは、3GBのRAM、32GBのストレージ、3120mAhのバッテリーを備えており、移動中にお気に入りのゲームをプレイしたい人にはうってつけだ。今話題になっているのは5.2インチの画面、拡張可能なメモリ、平均以上の処理速度を誇る軽量電話だ。これまでに成功を収めた富士通製品を判断基準にすれば、価格も手頃になりそうだ。

 

  1. パナソニック Eluga X1-PRO

効率が極めて高い小型コンピューターを探しているなら、パナソニックのOcta-Coreプロセッサが最良の選択だ。Eluga X1-PROは6GBのRAM、128GBの内臓メモリを備えている。さらに、デュアルカメラやいわゆる顔文字が作成できる機能も満喫できる。顔文字とは使い手の顔の表情に合わせて作成できる絵文字のことだ。Elugaの6.2インチの画面は販売されている製品の中でも最高ランクに入っている。

パナソニック Eluga X1-PRO

  1. ドコモ Sharp SH-03E

折りたたみ携帯が過去のものだと思っているなら、考え直すべきだろう。シャープSH-03Eは、防水性能を備え壊れにくいことに加えて、何を置いても手頃な価格の折りたたみ型携帯で、色んなシーンで活躍してくれる。3gに対応しており、屋外で長時間過ごすのが好きで、電話のバッテリー寿命を重視する人には完璧な製品だ。マイクロSDカードを追加すれば内蔵メモリも拡張できる。

 

  1. 日立 Mobile Hi-Vision Cam Wooo

日立のHi-Vision Cam Woooは3倍光学ズーム機能付きの5MPカメラ、長時間充電なしで稼働バッテリー、HDMIコネクタを備え、現時点で最も期待が高い日本の携帯電話に数えられる。720p 動画なら充電なしで最大4時間まで作成できる。内蔵メモリを拡張したい場合は、標準マイクロSDカードを追加すればよい。Hi-Vision Cam Woooは、すべてのソーシャルメディア・インフルエンサーにとって紛れもなくすばらしい選択だ。