約1,000万人の人口を抱える東京は、世界有数の人口密集都市であり、人気の観光地だ。この活気にあふれる日本の首都はあらゆる階層の人々を無数に引き寄せ、多くの観光地、ビジネスチャンス、エンタメ施設がひしめいている。はじめて東京を訪れる人が体験できることを全部書き出すとしたら、正直かなりの時間がかかることだろう。

高層ビルが立ち並ぶ、このユニークな都市を1度でも訪れることのできた人たちは、ファーストフードから高級店まで飲食店の豊富さに特に目を見張ることになる。他では味わえない日本の名高い伝統料理とともに、国際色豊かで、多彩な料理の数々を楽しめるのだ。このレビューでは、もし東京に行くことがあれば、絶対訪れてほしいミシュラン星付きレストラン トップ 5をご紹介しよう。

5. 臼杵ふぐ 山田屋

臼杵ふぐ 山田屋は、主に木と稲藁を素材に用いた伝統的な日本家屋の内装で、さまざまな魚介・海鮮料理を味わうのにぴったりのお店だ。もともとは美味しい刺身と城下かれいで有名になった。現在は、トップレベルの技量をもつ傑出した料理人を揃え、多くのファンを魅了している。

4. 銀座 うかい亭

今、東京で最も名高いレストランの1つ、銀座 うかい亭は選び抜かれた美食の宝庫だ。この店は極上の鉄板料理で知られている。メニューは世界的にも人気の高い霜降り神戸牛から、アワビ、ホタテ、蟹足の塩焼きなどの海鮮料理まであらゆる食材を味わえる。価格は高めだが、それでも間違いなく、行ってみる価値のある店だ。

日本食

3. レフェルヴェソンス

一見したところでは、モダンアートの美術館に来たかのように思われるかもしれない。だが、メニューにある料理を口にできるだけでなく、今まで味わったどんなものよりも美味しいと気付いた瞬間、レフェルヴェソンスの虜になってしまうだろう。生江史伸氏は日本の有名なシェフの1人で、その料理の数々によって国内外で知られている。東京に来る機会があるなら、ぜひとも生江シェフの傑作料理を味わってみよう。

2. すきやばし次郎 本店

寿司の本拠地で小野二郎氏の店を訪れることなくして、日本の伝統料理を味わったとは言えない。小野二郎氏はその技量でミシュラン3つ星を獲得した卓越した寿司職人であり、すきやばし次郎 本店はおそらく世界一の寿司屋だ。数年前には、ここで安倍首相とオバマ大統領が会談を行っている。

1. スリオラ

スペイン料理と伝統的な日本料理の一風変わったフュージョンを味わえる店。スリオラにはありきたりな寿司屋のメニューこそないが、目移りするような多彩な料理が揃っている。とりわけヨーロッパからの観光客に人気の店で、質の高いワインの品ぞろえがすばらしい。東京でどこでも食べられる寿司の味に飽きてきたら、まずスリオラに行くことをおすすめする。一流のシェフがヨーロッパとアジアで人気の高い美食を組み合わせて、極上の食事体験を堪能させてくれる。